Comfort In Ficiton

Fuck all of those melodramatic fools
Faces change but all the songs and stories stay the same
A Constant reminder that today is no better
No sympathy, why do we have to pretend
We’re all jaded addicts always looking for a fix
Find comfort in fiction, in self mutilation

Walking on thin ice with crutches and no one seems to even care
Looking out with tunnel vision surly you can’t see anything
You can barely think for yourself… anyway

The damage is done, faking sick for so long
Bittersweet, disgusting taste on the tip of your tongue
With no other option, pills for every occasion
Up on the edge a razor under the neck
On the outside looking in with not much to expect
We’re all chasing rainbows, running in circles

芝居がかった間抜けどもなんてくそくらえ
顔は変わっても、歌もストーリーも変わらない
相変わらずの今日だと常に思い知らされる
同情/情け/憐れみ/共感なんてない、なぜ偽り続けるんだ
俺たちはみんな、絶えずクスリを探しているすさんだ中毒者だ
絵空事に慰めを見出せ、自傷行為に見出せ

松葉杖をついて薄い氷の上を歩いているのに、だれも見向きもしない
視野狭窄の状態で見渡しても、間違いなく何も見えていないだろう
自分のことを考えるだけでやっとだろう…どっちにしろ

被害はこれで済んだ、長い間仮病を使っていた
ほろ苦い、気色の悪い味を舌の先に感じる
他に選択肢はなく、万能な錠剤
縁に立ち、首元にはカミソリ
外から中を眺めているがどうぜ大したものはない
俺たちはみんな虹を追いかけている、くるくる同じところを回りながら