Four Year StrongやNFG好きは今すぐ聞こう!ポップパンクバンド「WasteOfMind」がニューEPをリリース!

ドイツのポップパンクバンド「WasteOfMind」が、自身のBandcampページでニューEP「Dead End Streets」をリリースしました!

デジタルアルバムのリリースで、価格は「name your price」、自分で価格を決めましょう。

極端な話、「0円」でもかまいません。そこは、気持ち、ある意味小さいクラウドファンティングのようなものですね。

ザ・青春といった感じの爽やかなフレーズは、耳の奥にダイレクトに響く

AT HOME GEEK Recordsの専属レビュワーによるレビューです。

レビュワー:ayasakako(@ayach___

出だしのメロディックなソロに思わず心奪われ「めっちゃイイ」と思わず呟いた。ザ・青春といった感じの爽やかなフレーズは、耳の奥にダイレクトに響く。決して騒がしすぎないパンクロックで、普段はポップスしか聞かないような人でも、聴きやすい。そんな彼らだが、頭が振れるようなヘビーな曲もバッチリ演奏してしまう。4曲目の『Jonny Banana Was The Barkeeper At our Prom Night』なんて、まさしくそんな曲。ドコドコと腹の底に響き渡るバスドラムと、これでもかと歌うギターの魔力により、気づいた時にはサークルを組んで踊り狂っているはずだ。

また、彼らのYouTubeページでは、EPから「I Gave Up Everything For One Day In Disneyland 」のミュージックビデオが公開されています。

タイトルが、おもろいな。ちょっとその気持わかるけど。

Facebook:https://www.facebook.com/WasteOfMind.Official
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCCr2g5xxdnlF91hyAO0PfMQ
Bandcamp:https://wasteofmindofficial.bandcamp.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で